可塑剤(かそざい)

可塑剤とは、合成樹脂・ゴム・繊維などの高分子物質に可塑性(※)を与え、加工しやすくするために添加する低分子量の物質で、フタル酸エステル系・燐酸エステル系・樹脂酸系などのものがあります。
また、可塑剤は、私たちの暮らしの様々な分野で役立っており、例えば、塩化ビニル樹脂(塩ビ)を中心としたプラスチックを柔らかくするために用いられるなど、そのほとんどが、酸とアルコールから合成される化合物(一般的にエステルといわれるもの)で、用途に応じて様々な種類があります。
当社では、国内唯一のDBP(フタル酸ジブチル)メーカーとして製品を供給し、私たちの暮らしを支えてまいりました。DBPは、可塑化効率、加工性に大変優れ、塗料、接着剤、特に柔軟性を要求される塩ビなどを中心に使用されています。
※可塑性 : 物体に圧力などの外力を加えて変形させ、外力を除いても物体がもとの形にもどらない性質

可塑剤製品

DBP C6H4(COOC4H9)2

フタル酸ジブチル
[ 分子量:248 沸点:340℃ ]
加工性、可塑化効率に優れた可塑剤。主に塗料、接着剤、ゴム製品等に使用されています

検査項目 単位 規格値
色相 APHA 25以下
比重 20/20℃ 1.048±0.003
酸価 KOH mg/g 0.05以下
エステル価 KOH mg/g 403±3
屈折率 25℃ 1.491±0.003
加熱減量
125℃±3/3h
0.5以下
加熱後の酸価 KOH mg/g 0.08以下
ガソリン
混合試験
- 合格
 

DOP C6H4(COOCH2CH(C2H5)C4H9)2

フタル酸ジ-2-エチルヘキシル
[ 分子量:390 沸点:386℃ ]
汎用的な可塑剤。主にビニル樹脂全般に使用されています
 

検査項目 単位 規格値
色相 APHA 25以下
比重 20/20℃ 0.986±0.003
酸価 KOH mg/g 0.05以下
エステル価 KOH mg/g 287±3
屈折率 25℃ 1.485±0.003
加熱減量
125℃±3/3h
0.1以下
加熱後の酸価 KOH mg/g 0.08以下
体積固有抵抗 30℃ Ω-cm 5.0×1011
以上
水分 0.03以下
 

DINP C6H4(COOC9H19)2

フタル酸ジイソノニル
[ 分子量:418 沸点:403℃ ]
低揮発性、耐寒性に優れた可塑剤。主に塩化ビニル樹脂全般に使用されています
 

検査項目 単位 規格値
色相 APHA 30以下
比重 20/20℃ 0.976±0.003
酸価 KOH mg/g 0.05以下
エステル価 KOH mg/g 267±3
屈折率 25℃ 1.484±0.003
加熱減量
125℃±3/3h
0.07以下
加熱後の酸価 KOH mg/g 0.07以下
体積固有抵抗 30℃ Ω-cm 1.0×1011
以上

DIDP C6H4(COOC10H21)2

フタル酸ジイソデシル
[ 分子量:446 沸点:420℃ ]
低揮発性、耐寒性に優れた可塑剤。主に電線、レザー等に使用されています
 

検査項目 単位 規格値
色相 APHA 30以下
比重 20/20℃ 0.968±0.003
酸価 KOH mg/g 0.07以下
エステル価 KOH mg/g 267±3
屈折率 25℃ 1.484±0.003
加熱減量
125℃±3/3h
0.1以下
加熱後の酸価 KOH mg/g 0.1以下
体積固有抵抗 30℃ Ω-cm 5.0×1011
以上
 

DOA C4H8(COOC8H17)2

アジピン酸ジ-2-エチルヘキシル
[ 分子量:370 沸点:335℃ ]
耐寒性、ゾル粘度安定性に優れた可塑剤。主にフィルム、ペースト等に使用されています

検査項目 単位 規格値
色相 APHA 30以下
比重 20/20℃ 0.927±0.003
酸価 KOH mg/g 0.06以下
エステル価 KOH mg/g 302±3
屈折率 25℃ 1.446±0.003
加熱減量
125℃±3/3h
0.1以下
加熱後の酸価 KOH mg/g 0.1以下
体積固有抵抗 30℃ Ω-cm 2.0×1011
以上
 

TPP [C6H5O-]3P=O

リン酸トリフェニル
[ 分子量:326 沸点:370℃ ]
難燃性に優れた可塑剤。主に難燃剤兼可塑剤としてフィルム、各種樹脂等に使用されています

検査項目 単位 規格値
外観 - 白色フレーク状
臭気 - 異臭なし
融点 49〜50
塩化物 - 白濁なし
フェノール mg/100g 5以下
酸価 KOH mg/g 0.05以下
加熱減量
115℃.3hrs
0.2以下